ロザリオとは

ロザリオはキリスト教カトリックのお祈りの道具で、薔薇の花冠という意味です。

聖ドミニコの前に聖母マリアが現れ、ロザリオを与え「ロザリオの祈り」を教えたと伝えられています。
15世紀には現在の形の「ロザリオの祈り」が広まり、日本には16世紀にイエズス会宣教師によって伝えられました。

ロザリオのビーズ玉(数珠)の数は決まっており、1個のビーズで「主の祈り」10個のビーズで「アヴェ・マリアの祈り」、そして「栄唱」を唱えて「一連」と呼ばれます。オーソドックスな物は十字架とセンターメダイ、ビーズ59個からなる5連のロザリオです。
中には15連のロザリオもございます。
手でビーズを1つ1つ操りアヴェ・マリア(天使祝詞)などを唱えます。


?↑5連のロザリオ

↑1連のロザリオ

他にはフィンガーロザリオ、ロザリオリング(指輪に10の小さな突起と十字架がついたもの)やブレスレット型等、出先でもお祈りができるコンパクトなロザリオも存在します。
















↑フィンガーロザリオ
 

?↑ロザリオリング

ハンドメイド螺旋ロザリオ
↑螺旋ロザリオ(ラップ(巻き)ロザリオ)
 
















?↑七つの悲しみの聖母のロザリオ(特殊タイプ)

チャプレット
チャプレットは花冠、花束という意味で、特定の聖人や天使などの祈りの際に用いる祈りの道具です。
ロザリオと似た様なものですが、お祈りそれぞれに対しビーズの数や形状が違います。
聖家族や聖アンナのチャプレット、聖ユダやパドゥバの聖アントニオのチャプレットなど様々な種類があります。

?↑リジューのテレーズのチャプレット?

こちらは簡単な説明ですので、ロザリオやチャプレットのお祈りがしたい!もっと知りたい!という方はカトリック教会に行ったり、インターネットでもわかりやすい説明のページがございますのでご自身で調べてみてください。


祝別されたメダイやロザリオなどの聖品を販売をしてはならないことになっております。
当店の商品は全て祝別されておりませんので、ご希望の方はご自身が通われている教会などでお願いしてください。




 
 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >