聖ソランジュ(St Solange)

◆年代:ー880年5月10日
◇祝日:5月10日
◆守護分野:羊飼い、雨に対する、強姦犠牲者

ソランジュはフランス中部の貧しくも経験な家族の元に生まれ、7歳で純潔を誓いました。
ポワティエの貴族の息子が彼女の美しさと評判をきき、ソランジュが羊番をしているときに言いよるも断られ、彼女を誘拐することにしました。
夜中に力ずくで誘拐されるも、ソランジュは激しく抵抗し川を渡っている最中に馬から落ち誘拐犯はひどく怒り彼女の首を斬り落としました。
彼女の首は3度キリストの名を唱え、ソランジュは斬られた頭を拾いあげ持ったまま、現在のしソランジュ教会まで歩きそこで無くなったと言われています。

聖ソランジュの聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。



 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >