ニコメディアの聖アドリアノ (Adrian of Nicomedia、ハドリアヌス)

◆年代: - 306年3月4日
◇祝日:9月8日
◆守護分野:伝染病、癲癇、肉屋、兵士、武器商人

アドリアノはローマのマキシミアヌス皇帝時代にニコメディアに妻のナタリアと住んでいました。彼は28歳で親衛隊の将官で23人のキリスト教徒たちを拷問して取り締まっている時に彼らの信仰を聞いて、その勇気に感心し、アドリアノ自身は洗礼を受けていませんでしたが公の場でキリスト教の信仰を告白しました。
彼はすぐに捕らえられ斧で切り刻まれました。処刑人が体を燃やそうとすると嵐が来て火が消されてしまい、夫を誇りに思い変装して死刑場に来ていた妻のナタリアが片腕を持ち帰ることができたと伝えられています。

ニコメディアの聖アドリアノの聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。
 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >