ファティマの聖母

◆年代:1917年5月13日〜
◇祝日:5月13日

ファティマの聖母は、カトリック教会が公認している聖母の出現の一つです。彼女の出現は1917年にポルトガルのファティマで起こりました。この出現は、3人のポルトガルの子供、ルシア・サントスと彼女の従姉妹であるフランシスコ・マルトとジャシンタ・マルトによって目撃されました。

彼らは1917年5月13日、ファティマの町で羊を飼っている最中に、聖母マリアが彼らに現れたと報告しました。その後も毎月13日に聖母マリアが現れ、彼女は子供たちに多くのメッセージや予言を伝えました。

その中で最も有名なのは、3人の子供に対して未来の出来事を予言したことです。第一は第一次世界大戦の終結、第二はロシア帝国の崩壊と共産主義の台頭、そして第三には「第3の秘密」が含まれます。

ファティマ第三の秘密は、聖母マリアが1960年になったら公開するように命じたもので、1981年5月13日の教皇暗殺の危機とされていますが、この解釈には疑問の声もあります。

1917年10月13日には、約七万人の群衆が集まりました。彼らは雨に濡れていましたが、突然太陽が狂ったような急降下や回転を繰り返し、群衆の服は猛烈な熱で乾きました。この出来事は世界各国の天文台で確認されておらず、新聞記者や群衆全員が同じ幻覚を見たとされます。新聞には大々的に掲載され、目撃者が奇跡を報告しました。

ファティマの奇跡として知られるこの出来事は、多くの人々に霊的な影響を与え、巡礼者や信者がファティマを訪れています。聖母マリアのメッセージは現在でも信仰の源となり、世界中で敬虔に信仰されています。

初めて聖母が現れた5月13日がファティマの記念日に制定されています。2017年5月13日には、フランシスコ・マルトとジャシンタ・マルトがファティマの聖母出現100周年を記念して教皇フランシスコによって列聖されました。そして、2023年6月22日、教皇フランシスコはルシア修道女の英雄的徳を認め、「尊者」の敬称を与えることを教皇庁列聖省が発表しました。


ファティマの聖母の聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る
  • メダイのサイズお手入れと保管方法

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >