リジューの聖テレーズ
(St. Thérèse of Lisieux、テレジア、幼きイエスのテレーズ、小さき花のテレジア)

◆年代:1873年1月2日-1897年9月30日
◇祝日:10月1日
◆守護分野:病人、エイズ患者、結核、パイロット、花屋、宣教師、子ども、弱い者

テレーズはベネディクト修道女会により教育を受け回心体験をし、カルメル会の修道女になる決心をしました。
そして15歳と異例の若さでカルメル会に入り、22歳で見習い修道女の教師の助手に抜擢がされました。
しかしテレーズはベトナムへの宣教へ参加することを望んでいましたが結核にかかり24歳と若くして世を去りました。 亡くなるまでも宣教師のために祈っていたことから海外宣教師の守護聖人になっています。又ジャンヌ・ダルクについでフランス第二の守護聖人ともされとても人気のある聖女です。
カトリック教会の聖人にして33人の教会博士の一人でもあり、その著作は今でも世界中で広く読まれています。


リジューのテレーズの聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。







 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >