ヌルシアの聖ベネディクト(St. Benedict、ベネディクトゥス)

◆年代:480年頃 - 547年
◇祝日:7月11日
◆守護分野:毒、魔術、死にゆく人、農場で働く人、学生、熱、胆石、イラクサによるかぶれ、誘惑

聖ベネディクトはイタリアのヌルシアに生まれたベネディクト会の創始者です。
20歳の頃、スビアコの洞窟で隠修士として生活を始め、ベネディクトの知恵や思慮深さ、規則正しさと慈悲の心を持ち他者への配慮を強調する精神が多くの弟子を集めました。
ベネディクトは彼らを12の団体にわけ、12の修道院が作り、530年頃には弟子を連れてモンテ・カッシーノへ移り修道院を建設、547年に祈りの最中に亡くなりました。
ベネディクトは多くの弟子を集めた為に、嫉妬の対象になり毒入りの飲み物を勧められ、祈りを捧げ毒を無害なものにしたという逸話も残っています。
又、聖ベネディクトのメダイは邪悪な魔力(嵐、毒、疫病、悪魔)に対する力があるメダイとして知られています。
聖ベネディクトの十字とアルファベットからなる「十字架のしるし」が悪魔共の攻撃に対する特効があったそうで、ほとんどのベネディクトのメダイの裏がその十字架のしるしのデザインになっています。

・十字架の縦の部分『CSSML』
 略「Crux Sacra Sit Mihi Lux.」 
 訳「聖なる十字架が私にとっての光となりますように。」

・十字の横に書かれた『NDSMD』
 略「Non Draco Sit Mihi Dux.」 
 訳「龍が私にとって、導くものとなりませんように」

・『CSPB』
 略「Crux Sancti Patris Benedicti」 
 訳「父・聖ベネディクトゥスの十字架」

・『PAX』 訳「平和」 
・『V・R・S』
 略「Vade Retro Satana」 
 訳「サタンよ、退け」

・『N・S・M・V』
 略「Nunquam Saude Mihi Vana」 
 訳「決して,私に空しいことを誘惑するな」

・『?S・M・Q・L』
 略「Sunt Mala Quae Libas」 
 訳「お前が提案することは,悪である」

・『??I・V・B』
 略「Ipse Venena Bibas」 
 訳「お前自身が,その毒を,飲むように」



聖ベネディクトの聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。







 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >