大聖アルベルト(St.Albert the great、アルベルトゥス・マグヌス、ケルンのアルベルトゥス)

◆年代:1193年頃 - 1280年11月15日
◇祝日:11月15日
◆守護分野:医療技術者、自然科学、科学者、哲学者、学生

聖アルベルトは南ドイツの貴族の出で、北イタリアの大学に留学していた時に新しくできたドミニコ会に入会し司祭となりました。
その後パリで勉強し、ケルンの大学では哲学と神学を教えた。学生の中にはトマス・アクィナスもおり、トマスの死後に異端の嫌疑がかけられた時は弁護もするほどの交友関係がありました。
アルベルトはアリストテレスの思想をドミニコ会に導入したり、信仰と理性を区別した進学者で自然の観察に基づく自然学を推し進めました。
また、錬金術の実験や、ヒ素を発見したとも言われています。


大聖アルベルトの聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >