アビラの聖テレサ(St. Teresa of Avila、アヴィラのテレジア)
◆年代:1515年3月28日 - 1582年10月4日
◇祝日:10月15日
◆守護分野:病気、頭痛、孤児、加護を必要とする人々、レース職人

聖テレサはスペインの敬虔な信者の家に生まれ、19歳でカルメル会修道院に入りました。その頃、修道生活は規律が緩んでいて修道精神も低下し、俗化していたので、彼女は精神的に苦しんだと言います。
カルメル会をアビラに創立し厳しい清貧、祈りと黙想の生活を送りました。このような改革に反対する人も多くいましたが、十字架のヨハネなどの助力により生涯で17の修道院を設立し、著作活動にも従事し、多くの神学者の思想に大きな影響を与えました。
ある日、焼けた金の矢を持った天使がテレサの心臓を突き刺し霊的身体の痛みを引き起こすという神秘的な体験をしたと言われています。


アビラの聖テレサの聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。







 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >