キルデアの聖ブリジット
 (St. Bridget、Brigid、Brigit、Bride、ブリジッド、ブリジッタ、ブリギット)

◆年代:451年 - 525年
◇祝日:2月1日
◆守護分野:乳児、鍛冶屋、養鶏業者、私生児、アイルランド、亡命者、避難者、助産師、印刷業者、旅行者、学者

アイルランドの族長の娘として生まれ、幼い頃から修道女になることを志し470年頃にキルデアに修道院を設立し修道院長となりました。人々の霊的・物質的生活を向上させるため大変な努力をし、修道院では貴重な写本や書籍を写したり、素晴らしい絵を描かせたり勉強させる等しました。
貧しい人々を大切にし施すことが好きで、ブリジットが喉が渇いた見知らぬ人に水を与えるとそれがミルクに変わったという話があります。
又、教会会議中に一人の司教が、聖母マリアが信者の中にご出現される夢を見たと告げました。ブリジットが到着すると「私が夢の中で見た聖女だ」と言い、それからブリジットは「ゲール人のマリア」として知られるようになりました。
ブリジットが亡くなりデーン人がアイルランドに侵入した際、彼女の遺体はダウンパトリックへ運ばれ、同じくアイルランドの守護聖人である聖パトリックの傍に葬られました。

聖ブリジットの聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。





 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >