聖ガブリエル・ポセンティ(St. Gabriel Possenti)

聖ガブリエル・ポセンティ◆年代:1838年3月1日 - 1862年2月27日
◇祝日:2月27日
◆守護分野:学生、若者、聖職者、神学校学生、肺結核

アッシジ市(現イタリア)の市長を父にもつガブリエルはアッシジの聖フランシスコが洗礼を受けた洗礼盤で洗礼を受けました。
イエズス会の学校では優秀な成績をおさめていましたが、才能や博識、また活発さもあり友人からも人望があつく、贅沢な生活や上流社会にも出入りしていたため、快楽に魅せられて行きました。
ある時重病になり、この世のはかなさを悟って、全快した際には修道院に入ると決心しました。
病気は良くなったにも関わらず、誓いを忘れて再度快楽をもとめたためか、また重い病気になり、今度こそ修道院に入ろうと誓い父に反対されつつも18歳で御受難会にはいりました。

「悲しみの聖母のガブリエル」という修道名を授かり、信徒の規則をしっかり守り祈りと苦行に身を捧げ、主の苦難を崇敬し悲しみの聖母に信心を表したと言います。
1862年には肺結核に犯され23歳という若さでこの世を去りました。

肺結核と手術不可能なヘルニアを治癒する奇跡をおこした記録があり教皇ベネディクト15世により列聖されました。
毎年三月には最終試験で良い成績がとれるよう祈るため多くの学生達がグラン・サッソのガブリエルの寺院やお墓を訪れるといいます。
また、イタリアだけでなくアメリカの若者にも大変人気があるようです。

聖ガブリエル・ポセンティの聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。

 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >