リマのローザ (St. Rose of Lima)

◆年代:1586年4月20日 - 1617年8月24日
◇祝日:8月23日
◆守護分野:庭師、花屋、刺繍、敬虔故に嘲笑・誤解された人々、家庭内の問題、虚栄心に対して、ペルー、南・中央アメリカ、フィリピン、インド

リマのローザ リマのローザは本名をイサベル・デ・フローレス・イ・デル・オリビアといい、ペルーのリマで生まれアメリカ大陸において初の聖者となった人物です。
家族は裕福でしたが、事業で大損失を出してからは貧しくなり、ローザは幼い頃から花を育てたり刺繍等の針仕事をして両親を助けていました。
結婚することを拒み、男性から言い寄られないように、美しい顔に胡椒やライムを擦り込み醜くなるようにしました。
二十歳で純潔の誓いをたてドミニコ会に所属し、断食や荊冠を頭に被るなど苦行をしつつ多くの時間を祈りに費やし隠者の様な生活を送りながらも、貧者や奴隷、先住民に対しての思いやりの気持ちを忘れることはありませんでした。
そして自己犠牲の末31歳の若さで亡くなり、彼女の葬儀ではリマ中の多くの人々が出席し大司教が賛辞をのべたと言われています。


リマのローザの聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。



 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >