聖アエギディウス(サン・ジル , セント・ジャイルズ , St, Giles)

◆年代:650年頃ー710年頃
◇祝日:9月1日
◆守護分野:体の不自由な人、乞食、鍛冶屋、森林、授乳、乳児の母

伝説によるとアエギディウスはアテネに生まれ、自分が有名になってきたことを嫌い、フランス南部、現在のサン・ジルで隠者となり植物やかわいがっていた鹿の乳を糧として暮らしていました。
ある日鹿がゴート族の王に矢で狙われ、アエギディウスのもとに逃げ込んできて、放たれた矢は鹿を守ったアエギディウスに当たり彼の体は不自由になったと言われています。
その場所に自分の修道院を建て、弟子の中にはカール大帝もいました。また、修道院を教皇に捧げるためローマに出向き、教皇から特権と庇護、糸杉でできた扉を二枚与えられたと伝えられており、アエギディウスは扉をテベレ側に投げ込んだがサン・ジルに帰って来た時には修道院近くの川岸に流れ着いていたと言います。


聖アエギディウスの聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。


 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >