ルルドの聖母
ルルドの聖母像
ルルド(Lourdes)はフランス南西部のピレネー山脈の麓に位置し、「ルルドの泉」で知られ、カトリック教会の巡礼地のともなっています。
1858年2月11日、ベルナデッタのもとに聖母マリアが現れたことからカトリック教会は2月11日をルルドの聖母の日として祝います。
聖母マリアの言葉どおり湧き出したといわれる泉には治癒効果があると信じられており今でも巡礼者が多く訪れます。

ルルドの聖母の聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。

ルルドの聖堂ルルドの泉
 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >