聖ギスラン(Ghislain)

◆年代:?-680年10月9日
◇祝日:10月9日
◆守護分野:痙攣

7世紀頃のベルギーの隠者で聴罪司祭で、ドイツ出身と言われています。 聖ギスランが衣を脱いで森を開墾している時、フランク王が狩をしており、近くにいた親子熊が聖ギスランの衣を離れたところまで持って行きその下に隠れて助かりました。そして聖人は鷲に導かれて衣がある所まで行くと、そこは墓のように小高く盛り上がった土地で修道院を建てるのに最適の場所で「ウルシドングス」(熊の墓)という修道院を建てました。
聖ギスランの図像で熊と鷲を描いたものが多いのは、このような伝説があるためです。


聖ギスランの聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。





 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >