聖フーベルト(Hubert、フーベルトゥス、ユベール、ヒューベルト)

◆年代:656年頃-727年
◇祝日:11月3日
◆守護分野:狩人、猟師、犬、狂犬病、数学者、眼鏡屋、リエージュ

フーベルトが森の中で狩りをしていると鹿が現れ角の間に十字架にかけられたイエスキリストが現れ神の声をきき改宗したと言われています。
仕えていたペピン公爵の元を去り、マーストリヒトのランベルト司教より指導を受け、森の中で隠修士として過ごし司祭に叙階されました。
ランベルト司教はペピン公爵の行いを戒めたためリエージュの村で暗殺され、司教の跡継ぎとしてフーベルトが選ばれました。フーベルトは司教座をマーストリヒトからリエージュに移し、ランベルト司教の遺骨も運び、大聖堂を建てました。そして、リエージュを拠点に異教徒たちへ宣教を行なったと言われています。


聖フーベルトの聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。






 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >