聖マウリティウス(Mauritius、Maurice)

◆年代:? - 287年
◇祝日:9月22日
◆守護分野:筋肉の引きつり、兵士、軍隊、布職人、染め屋、痛風、織物職人

マウリティウスはローマのマキシミアヌス帝がガリア人と戦うため組織したキリスト教徒のテーベ軍団の指揮官でした。 勝利を祈りローマの神々に誓いを立てるようマキシミアヌス帝が求めるもマウリティウスをはじめ隊員達は拒否し退却してしまいました。皇帝は腹をたて10人に一人の割合で隊員を殺害し続けましたがマウリティウスが隊員をはげまし、異教徒の神に屈服するのを拒み続け最後に皇帝は全隊員6千人の虐殺を命じました。
マウリティウスはシーザーから受け継がれた槍を持っており、その槍は「マウリティウスの槍」と呼ばれ、「ロンギヌスの槍」聖槍と同一視されることもあります。


聖マウリティウスの聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。





 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >