聖ベルナデッタ(Bernadette Soubirous、ベルナデット)

◆年代:1844年1月7日−1879年4月16日
◇祝日:4月16日
◆守護分野:病気、ルルド、羊飼い、貧困に対する

ベルナデッタはフランスのルルドに生まれ、体が弱く貧しい生活を送っていたところ
1858年2月11日に彼女の前に聖母マリアが現れました。聖母マリアに従い土を掘り起こすと水が湧き出て泉となったのが有名な巡礼地であるルルドの泉です。
ベルナデッタが名前を聞くと「私は無原罪の御宿りです」と答え、それを聞いた司祭は「聖母マリア」であると確信したそうです。
聖母の御出現によりルルドには多くの巡礼者が集まり始め、ベルナデッタは喧騒から逃れるためルルドを離れ、ヌヴェールという街の修道会に入りました。
ベルナデッタは元々体も弱かったこともあって35歳で亡くなり、1933年には列聖されました。墓から掘り起こした遺体は腐敗しておらず、現在はガラスの棺に安置されています。

聖ベルナデッタの聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。

 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >