聖ライムンド・ノンナート(St. Raymond)

◆年代:1204年-1240年
◇祝日:8月31日
◆守護分野:妊婦、子供、新生児、産科医、熱病

スペインでライムンドが生まれる際亡くなり帝王切開で取り出されたためノンナート(ラテン語で「生まれざる」)という名前がつけられました。
サラセン人によって奴隷として売られたキリスト信者を助ける為に設立されたメルセス会に入りアルジェリアで多くの奴隷を買い戻します。
身代金が亡くなった時には残っている奴隷の代わりに自分が残り何人かのサラセン人を改宗させました。
それを理由に残酷な刑罰を受け続け、ライムンドがスペインに帰った時教皇グレゴリオ9世は彼を枢機卿に任命しローマに呼びましたが途中で倒れて36歳で帰天しました。


聖ライムンド・ノンナートの聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。





 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >