聖アウグスティヌス
St. Augustine、アウレリウス・アウグスティヌス、ヒッポのアウグスティヌス、Aurelius Augustinus

ヒッポの聖アウグスティヌス ◆年代:354年11月13日 - 430年8月28日
◇祝日:8月28日
◆守護分野:醸造業者、印刷業者、神学者

聖モニカを母に持つ北アフリカ出身の聖アウグスティヌスは古代キリスト教の神学者で理論家ですが、回心前はマニ教に傾倒し、カルタゴ大学で修辞学を学びつつも恋人と同棲し息子をもうけています。
その後、ローマやミラノで弁論術の教師をするうちに聖アンブロシウスの教示に影響され息子と共に洗礼を受けました。母の聖モニカが亡くなるとアフリカに帰りヒッポの司教となりました。
『告白録』や『神の国』の著書でも有名で、アウグスティヌスの思想はトマス・アクィナスなどの神学者含め多くの人に影響を与えとて重要視されています。
しかし、若かりし頃奔放な生活を送っていた反動か、人間の自由意志は無力であり、神の恩寵無しには善をなし得ないという考えは少し極端過ぎたのではとも言われています。


聖アウグスティヌスの聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。



 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >