聖オディール聖女オディール、オディリア(St. Odile、Odilia、オディリア)

◆年代:662年 - 720年
◇祝日:12月23日(14日)
◆守護分野:目の病気

オディールはアルザス公アダルリックの娘として生まれましたが盲目で、男の子を望んでいた父アダルリックはオディールを殺すよう命じます。母(妻)はアダルリックに内緒でオディールをパルマまで連れて行き、そこの修道院で育ちました。
オディール12歳の時、聖エアハルトが彼女に洗礼を授けると目が見えるようになったと言います。
オディールの弟が彼女を家へ連れ戻すと何も知らなかったアダルリックは怒り弟を殺します。そしてオディールが弟を生き返らせたという話も伝わっています。オディールは父から逃げる際も神へ祈り奇跡的に助かったり、岩から水を出したりと奇跡を起こしています。
オディールは目や目の病気の守護聖人のため今での奇跡の泉からでる水で目を洗う人は絶えないようです。


聖オディールの聖品を探す
※アンティークと現行品の両方が表示されます。また、本人以外の関係する聖人がでてくることもございますのでご了承ください。




 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。



- >